2022年産米予約はこれ!

産地提携の大事さは今だからますます実感できます
放射能検査は産地および生活クラブ連合会で行い、10時間検査で不検出です
(放射性セシウム検出限界値2〜4Bq以下を実施)・・・2015年4月から1Bq/kgに
※検査結果は都度々々公開されます


毎月じゃなくていいんです。年間一袋でも大事な予約。
約束して食べることが、よいお米の生産につながります。

提携の成果で、農薬の成分回数を減らす試みが進んでいます。
無農薬・減農薬米栽培面積が拡がり、試みる生産者さんが年々増えています。
主食は国産で。提携のチカラが、今後の農業の展望になるように。
遺伝子組み換えなど不安な要素が入り込まない、納得の米を食べ続けられるように。


デポー近くの組合員には、予約用紙が組合員による情報ワークで配られます。
遠くの組合員の用紙や予備の予約用紙は、デポーフロアーにおいてあります。
運営委員またはワーカーズに声をかけてください。




好評です!一升玄米!! デポーに精米機登場!

市場の米価下落により、生活クラブのお米も価格を大きく引き下げました。
しかし生産コストも作業自体も軽減されるわけはなく、生産者さんには状況は厳しくなるばかり。

安心なお米の生産・消費の継続にはなにより食べる力が大事です。
いまこそみんなの予約して食べる力が必要です。
昨年から利用しやすいよう予約米の量目を変更し選択肢を増やしました。
予約した玄米を好みの“ぶ搗き”に搗精して持ち帰れるよう、デポーに精米機を設置。
精米して持ち帰る玄米は1升(約1.5s)単位で予約します。


精米したてのお米を1.5キロから買えるなんて便利!
と思った方、・・・早速予約登録しましょう
幾分安くなります、確実に手に入ります
食べる量を約束することが、作る側と食べる側の信頼を強めます
生産の安定と安心なご飯に、今後の農業の展望につながりますから!

TPPなんかに負けない!!!


玄米ディスペンサー
上伊那米用と遊you米用で2台設置

精米機その名も<米伯楽>
操作がとても簡単


何分(ぶ)搗きかはこれを参考に ↓↓↓

※昔から、精米することを「米を搗く(つく)」と言うそうです



遊you米
提携先;JA庄内みどり
(山形県)
2,217円/5s
ひとめぼれ100%

<みんなでしっかり食べたいお米>
40年を超える生活クラブとの提携のなかから生まれた、遊佐町農協との共同開発米(特別栽培米)。提携間でしか流通しないのでぜひ食べきりたいお米。★作付け量・品種・栽培方法・価格などを組合員と生産者が話合って決めています。農薬による防除は2回まで。除草剤は1回まで。肥料は有機肥料を50%以上使用の減農薬・減化学肥料栽培8成分米と、さらに農薬の使用量を抑えた3成分米を取り組みます。★「遊you米」に施される発酵有機肥料『遊佐づくし』には、米ぬか・魚粕・牡蠣殻・鶏糞・豚糞など地元産原料に米澤製油の非遺伝子組み換え「なたね油」の搾り粕も含まれています(米澤製油のなたね油の原料には遊佐の若者たちが栽培するナタネも含まれています)。
遊you米3kg
提携先;JA庄内みどり
(山形県)
1,345円/3s
ひとめぼれ100%
普通精米
遊you米玄米
2,187円/5s
価格は精米より幾分安くなります
価格は精米より幾分安くなります。

デポーの精米器の利用はできません。

遊you米玄米1升
(約1.5s)
 657
遊you米無洗米
提携先;JA庄内みどり
(山形県)
2,363円/5s

ひとめぼれ100%
<みんなでしっかり食べたいお米>
薬品を使わず、水洗いもせず、蒸気とタピオカ粉で米ぬかを取り除いたお米。ニオイの原因になるヌカが充分に取れています。コクゾウ虫なども発生しにくい。お米の旨味層がむき出しなので、なるべく洗わず、美味しさを逃さず食べましょう、水の節約にもなります。吸水がよいので洗う場合は水を計量する直前にサッと流す程度に。
とことん共生米
(無農薬実験米)
3,697円/5s
品種;山形95号
         
希望月に希望数量を予約できます。
40年を超える提携で培われた信頼関係から無農薬実験栽培&登録取り組みが始まり、今年で17年目。
若い生産者を中心に、日々、除草方法、土壌改良、耐倒伏の実験なども行われています。
上伊那アルプス米

提携先;JA上伊那
(長野県)

2,290円/5s
コシヒカリ100%
粘りがありつやつやのごはん
<減農薬栽培面積が拡大!>
上伊那地方が高地で冷涼な気候であることから害虫の発生が少ない。近隣の畜産団地と提携し有機肥料の使用を推進。籾(もみ)のままカントリーエレベーターでで保管することで梅雨以降の品質劣化が抑えられます。2003年より生産者と生活クラブが共同で減農薬の実験栽培を進めています。組合員の思いが一歩ずつ反映されています。約束して食べることが栽培面積を広げ、生産者を増やします。全量除草と本田防除は通常12成分の農薬を8成分に!
上伊那アルプス米
無洗米

提携先;JA上伊那
(長野県)

2,348円/5s

コシヒカリ100%
薬品を使用せず水洗いもしないで米ぬかを取り除きました。一般的に、その工程は企業秘密と称して、なかなか公開されません。
〔組合員に全て公開〕のデポーの無洗米は安心です。

上伊那アルプス米
玄米1升

657 (約1.5kg)
(価格は税込)
共同開発米基金ってなあに?
“基金”は遊you米5sに7円、3kgは4円、無農薬実験米は5sにつき12円を生産者・組合員双方で拠出・プールし、災害に備える仕組み。災害時、翌年の米生産の継続のための保障を目指して設立されました。
2004年は、相次ぐ台風の影響で収量は平年の半分近くになってしまいました。そんな中、デポーには予約分のみとなってしまいましたが、生産者さんの気持ちとチカラのこもったお米が入荷しました。“遊you米”と無農薬米実験栽培の継続を願い減収分の一部に『共同開発米基金』を当て、また基金維持のために組合員がカンパをしました。
※価格は2022年5月時点での価格。変更になる場合があります


遊佐の稲の生育状況は順調だそうです
そして生産者さんたちを苦しめる可憐な顔の雑草たち
   


               
        〜〜〜私たちのお米「遊you米」食べていますか?〜〜〜

2011年の東日本大震災の時、スーパーの棚からお米の袋が消えたのを覚えている方も多いと思います。
 そして2020年4月の新型コロナウィルス感染症拡大の際にお米の買い占めなどもありました。しかし、こんな時でもお米を予約しておくことで混乱もなく、お米が途切れることはありませんでした。このようにたとえ災害時でも優先してお米が届けられる・・・それが私たちが食べる約束をする、「予約をする」ということです。

化学合成農薬、化学肥料を極力使わない米作り。手間ひまをかけ、環境や健康に負荷をかけないお米を作ってくれています。

農業は常に自然との闘いで、試行錯誤の連続です。最近の異常気象や温暖化による気候変動などで病害虫の発生が大きく変わってきて栽培のむずかしさが顕著になってきています。真夏の草取りは重労働です。そのような努力の中で育ったお米はとても健康的でおいしいだけでなく、豊かな生態系をはぐくみ、子供たちが安心して遊べる環境も残すことができます。

ウクライナ情勢の影響もあり、食糧危機が叫ばれるようになりました。今後、小麦やコーンなどの輸入穀物の価格は上昇し、安定的な輸入も難しくなるでしょう。益々お米の消費量を増やし、食の安全・安定供給をはかっていかなければなりません。

私たちが予約することで生産者の計画的な米作りを支え、「作る人」と「食べる人」がともに健康で安心な生活ができます。そして食と農をつないで、多くの生き物が共生できる豊かな社会、環境を次世代に残すことができ、環境保全型農業の応援にもつながります。食べる約束をし食べ続けることで日本の環境を守る一端となり、SDGsの達成にも貢献できるのです。

まずは組合員のためのお米を作ってくれている遊佐町共同開発米部会のインスタグラムやYouTubeをチェックしてみてください。きれいな景色や水、そして生産者の思いが伝わってきて「このお米が食べたい!」と感じると思いますよ。


遊you米ができるまで〜5分でわかる遊you米の米作り〜はこちらから 
(YouTube)

                                           
                       コメントは東戸塚デポー運営委員会消費委員高見さんにお願いしました


東戸塚デポートップページへ            一番しぼりトップページへ